新築物件のサイトは、住宅完成の前か後かの確認をしたうえで、イメージ図なのかどうかを客観視しましょう。

物件サイトで見つける新築マンション
物件サイトで見つける新築マンション
物件サイトで見つける新築マンション

新築物件のサイトは住宅完成の前か後かがポイント

新たに開発される建売分譲住宅地は、新築物件専用サイトがオープンされるものです。
ただし、個別の住宅の間取りなどは、意外と非公開だったりします。意外と盲点になるのですが、たいていは、何軒かの建売分譲住宅が見本として間取り図を公開されるのです。
しかも、よく注意しておかないと、建築例や施工例という表記があます。つまり、敷地の条件から、このような一戸建て住宅の建築が可能です、というような建築例や施工例を、そのまま間取り図であるかのように表記していたりするわけです。
もろん悪意は、ありません。
しかし注意していないと、間取り図のイメージを持ったまま売買契約を締結してしまい、入居して違和感を覚える、ということもあり得るのです。

新たに開発される建売分譲住宅地は、住宅完成後の販売なのか、あるいは住宅建設前の予約受付なのかで、かなり完成後の新築住宅に相違点が生じてきます。基本的には、住宅が完成する前の段階で見ることができる間取り図などは、あくまでも予定であり、見本なのだと意識しておくのが良いでしょう。住宅建設前の予約受付というのは、敷地は同じ条件のままであっても、そこに建築する住宅に関して様々な注文をつけられる余地がある、ということを意味しています。新たに開発される建売分譲住宅地の専用サイトがオープンしたならば、イメージ写真、完成予想図、建築例、設計例、という表示に対して客観的な態度を持つようにしましょう。

Copyright (C)2017物件サイトで見つける新築マンション.All rights reserved.